ジュエリーショップデザイン・日本商業施設学会 第18回の全国大会に参加しました。

 

ジュエリーショップデザイン・日本商業施設学会 第18回の全国大会に参加しました。

 

20190911094740_00001

 

 

8月31日~9月1日の2日間、

 ある流通経済大学松戸キャンパス内で行われました。

 

S__48881678

 

私自身は会員ではありませんが今回は、商業施設士のご縁で参加させて頂きました。

 

日本商業施設学会の目的は:

商業施設に関する論理的・実証的研究を通じ、

学際(研究などが異なる学問分野にまたがる)

業際(異なる事業分野にまたがる)

国際的視野に立ち、

生活者のための安全で快適な「まち」や「みせ」の創造を図り、

もって持続可能な地域社会の実現に、

資することを目的としています。

 

学会員は研究者だけでなく、私の様な実務家も多いそうです。

会員の研究発表の場で、今年も沢山の発表が行われました。

 

 

★初日の論文は、

 

山本久義氏

「博多の豪商・紙屋宗湛のビジネス戦略にみられる特徴」

 

奥平與人氏

「商業施設にけるSDG

 

鈴木理恵氏

「5Pで考えるSDGとマーケティング」

 

谷内正往氏

「TSUTAYA増田宗昭の事業観―小売業再生によせてー」

 

基調講演 小嶋勝衛氏

「都市・地域と商業の関係を再考する」

 

パネルディスカッション

 

★2日目論文は10論文

 

南方建明氏

「小売業の過去・現在・未来―小売業態間競争に着目してー」

 

中嶋嘉考氏

「地域家電店のマーケティング戦略―ベリーズ焼津店の事例からー」

 

河田晃男氏

「名古屋駅周辺まちづくり構想」

 

S__48881679

 

 

井口径子氏、蓼沼智之氏、伊藤直樹氏、清水功次氏、矢野裕児氏、洪京和氏、林勝祐氏、川島秀樹氏、後藤浩士氏、阿部郁雄氏が発表されました。

 

特に興味を持った論文は、谷内正往氏・南方建明氏・中嶋嘉考氏の3氏の発表でした。

 

懇親会にも参加

 

S__48881681

 

丸2日間の学会参加は初めての経験でした。

新しい自分への挑戦としてのトライアルでしたが、

大変新鮮で貴重な体験となりました。

 

皆さん、ありがとうございました。

来年度も参加したいと思います。